ローカルな話・崩れ落ちた要塞

ローカルな話・崩れ落ちた要塞

一つの時代が終わった!

昭和50年代後半から60年代頃(確かな記憶では無い)
小諸市の大きなデパートと言えば、昭和堂(後の東急・後廃墟)とジャスコ、
近隣の多くの人々の生活を支えてきた。
そんなジャスコだが、10年以上前から廃墟と化していた。

佐久には新幹線駅が出来小諸は素通り、高速は山の上にIC
新駅ができればその周辺は、急速に発展し活気に満ち、
佐久にジャスコができ、人は新しさを求め佐久へ!
そんなんで、何時の間にか廃墟となっていた。

しかし、小諸市は自分的には、とても切り離せない街だ
母ちゃんの実家もあり、親戚も友人も多い
40年後半から50年代は、街はとても活気に満ち溢れていた事を
幼心にでも記憶にある。
夏、我が家は忙しく、夏休みの間は母ちゃんの実家に預けられていた!
自由奔放に遊び、勉強なんて関係ない、遊びの中からいろんな事を学んだ。
自分においての遊びの原点だ!
そんな街が活気が無くなり、街が滅びて行くのは凄く淋しい
どうにかしてくれ!

そして昨年末あたりから、解体が始まったジャスコ!
2月1日には
半分ほど解体されていた!
じゃすこ2
2月17日
もう骨組も無く、残るはがれき!
厚生病院が顔を出した!
じゃすこ1
跡地は何ができるんだろう?
あれ、病院だったっけ

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索